人気ブログランキング |

富山と競馬についてはまた次回

まずはコレを読んでください。

富山と競馬についてはまた次回_d0387296_14002798.jpg


富山と競馬についてはまた次回_d0387296_13565770.jpg

どれだけ規模の大きなスポーツであってもこういった事故が存在する。

日本の競馬界になると、むしろ事故しか存在しない。

自分で掘り出す必要がある。

そして掘り出した人がこれまで日本にはいないという事も観てわかる。

と言いますか、日本人騎手は誰もが人種による骨格の違いというけれど、考える事を放棄しているに近い。

素人目で見ても乗り方が違うという事が理解るレベルであるだけに正直....。

そしてこの画像はサッカーについて語られた文ではあるがサッカーではなくスポーツ全ての話。

勢いや力に頼らずに理論と理論を成立させる為の最低限だけのフィジカルを持ってして臨む事。

10年間日本で学んだ事は全てひっくり返っている。

『ありとあらゆる方法でバランスを補い、バランスをマスターしたと勘違いする人がいるのも不思議ではない』という言葉が嵌るのは、まさしく数年前の僕。

『上手い』『天才』だの言われた過去の自分は今はもういません。

戻って来るべきだという声すらも数年前の中野省吾に戻って来るべきとしか聞こえなく、『今の僕』の何を観てそれをいっているのか解らなく、正直寒いです。

正しくは『学んで帰って来い』とかですね。

『帰って来るな』もまたしかり。

so

僕は君が思うような人間じゃない。

そうさそんな人間じゃない。

もはや僕は人間じゃない。


Commented by トーセンバジル at 2019-12-29 21:22 x
省吾さんのブログを読んで、この話は競馬やスポーツに於いてのみならず、いろんな業界でも言えることなのかもしれないと思ってしまいました。
自分の職種にも似たようなルサンチマンを感じる時が多々あります。
Commented by shogo2784_o08 at 2020-01-04 09:11
> トーセンバジルさん
伝わってよかったです。
ありがとうございます。
by shogo2784_o08 | 2019-12-19 13:56 | Comments(2)