人気ブログランキング |

中野省吾が語るから恨み節に聞こえるというのは抜きに自分の為と思い参考に見て欲しい。

そして何かを変えるきっかけになって欲しい。


笠松150億


船橋580億


マカオ76億


何の数字でしょうか。


何を隠そう売り上げです。


笠松4500


船橋6000


マカオ12000


そんな中、一騎乗あたりの保険差し引き後の価値が上記


笠松20.0000の5%


船橋80.0000の5%


マカオ140.0000の10%


そして、この賞金の差を見て何も思わなかった人はお母さんのお腹からやり直そう。

何かの間違いだろうというくらいの額面となります。

しかし、間違いではありません。


勿論日本の騎乗技術教育の中で育てば海外競馬の壁は高くなるだろうから海外進出を一概にはおススメ出来ないが。



★何故この様な現状がおきているのか


日本の内訳を説明すると

ファンが購入した馬券売り上げの内の75%が払戻金となり25%が残ります。

その、25%残った額を100%として、そこから20%程が主催市町村に納付されます。

これは考えようによっては良いでしょう。

地方競馬で働いている方が汗水垂らして地域貢献。

そのお金が本当にそこに行っているのならば……。

その面コレは税金と少し似てはいますね。


★この時点で、相当な搾取をされている。


それだけには止まらないのが日本。


★ほぼネット売り上げなのに、ネット販売手数料10%〜


楽天、オッズパークなど

ネット売り上げ額の10%を払うわけだが、

年間200億馬券を売り上げたら払い戻して残った50億から売り上げの10%の20億を支払う形となる。

一番大き過ぎてことばがでない。



★馬主への手当


馬主は現場にいない

現在は馬主出走手当や2歳馬導入促進対策手当といった賞金として『現場に落ちる前』のお金にありとあらゆる方法で手を出されている

2歳馬導入促進対策の補助金とか何処の競馬場も促進対策やってたら現場を苦しめるいがいのなにものでもない。

間違っても関係者に賞金の2割寄越せとかは言ってはいけない状況を忘れないで欲しい。


★現状売り上げが3倍に伸びても現場に落ちるお金はあっても1.2倍程度


売り上げが3倍になると、賞金が上がる前に馬主への手当が上がった現実がある

これが現実であり、何も考えないで働き続けている現場組合と頭を使って我先に手当を上げる馬主組合の違いですね。

まさに、国民に対しての様々な税金の種類を増やしているのと同じ事であり、日本の縮図を見ているようです。

まぁ大手が国外に移っても意味がないだけあって国政よりは厳しいは厳しいですが。


★競馬場だけではないが


今日本中で同じような現象がおこっている

朝2時から9時まで7時間身を粉にし働きそこから調整ルームで人生の半分の時間を裂かれると思うとイライラがパワハラになるのも仕方のない。

騎手に限らずどの職種でも、鬼の様なパワハラが存在する。

労働環境が悪循環を生んでいる。

それでもデモが無いのは上の者が何も学ばず生きてきたからとしか思えない。

以前別件で騎手のトップが声を上げた事があったが、システムを理解出来たのはトップただ1人。

着目が現場間での搾取だった為に頓挫し、現場では金への強欲扱いを受けた。

今、それを学びその方を尊敬するが自分の視線も他者と同じだったことに後悔が大きい。


ただ仕事を真面目にやろうではなく頭を使って真面目にやろう。

先輩方の欲しくて欲しくてたまらない後輩からの尊敬の眼差しはそこからくるでしょう。


★現場を優しい目で見てあげよう


現場が頑張って、競馬界が盛り上がるのならばそれはそれでいいのか。

はい、何も出来ないならコレに尽きます。


それでは、みなさん選挙に行ってらっしゃい!

d0387296_10035111.jpg


# by shogo2784_o08 | 2019-07-18 19:20 | Comments(0)

ADHDについて





現在日本国で散漫な診察されているADHDをしっかり見つめなおすキッカケになって欲しい。


日本国でのウェブサイトだとADHDの内容の70%は間違っている内容だという事は私が断言します。


上のリンクの記事について、主な症状や特徴、対処法をこうもアッサリと前書きで書かれると本当にアメリカさんは恐れ多い。


因みにADHDの人にとってはSNSは単発的で集中力が散漫する前に書き終える事が出来る事や、特徴である素晴らしい閃きを忘れる前に文字に出来る為、現代はひと昔前より生きる場所が増えたのではないだろうか。


因みに成人のADHDの方に重要な情報をあげるとするならば以下になる。


稀に合う人やライバル関係では無い人には人一倍好まれるであろうがそれは身近なライバル達から嫉妬される原因であるという事。


よって職場や身近な人との距離感を意識して遠く保つ事が必要な事。


そして、国外は寛容で許されるというのは間違いであり、言葉の壁などによって距離を詰めることが出来ない事から正しい距離感になるという理屈だという事。


そして、目をつけられたら一発退場な世界ならば、スタートから絶対に才能を発揮しない事。

d0387296_14501978.gif

まぁADHDERも調子のらずに居場所見つけろって事や。

閃く?忘れる?才能を発揮?完全にキメた野郎やないかい。

私の中ではADHDERの事を『天然マリファナ野郎』とか『TMY』って呼んでるよ。


# by shogo2784_o08 | 2019-06-29 00:46 | Comments(0)

競馬界ではなく競馬場について


地方競馬は海外視察に行っても何も情報得ずに帰ってきているとしか思えないから色々と教えてあげたい所


地方競馬側にもプライドがあるだろうから今の段階で自分の発言には説得力もないだろうから無理な話だが


各国の競馬場は『外国人騎手は何人まで』とか『調教師は狭き門』『馬主は影響が少ない為門を開いた』『国産馬手当の配布』などの規制をつくったり緩和したり補助金を出したりして『関係者』が海外からの経済的影響を受け過ぎ無いようにしている。


そして関係者の教育や保証を用意したりしているので、やっている事は政治家みたいなものだ


そうなると政治家をやるにあたってやる事とは、状況を把握する事は勿論だが、海外の政策と日本の政策の違いとそれによってどうなっているのか感じてくる事だと思う。


JRAは何処の国に行っても記念レースがあったり海外の現地から情報を送っている職員がいるだけあってルールは厳格化しつつある


そんなものが無い地方競馬は、現在も昔も教育と法律は完全に崩壊している


そんな事もあり、低脳な調教師が降着にキレ出したり、八百長発覚で解雇したり、薬物が何度も何度も検出されたり、負担重量ミス、スポーツマンらしくない発言等を繰り返している。


これは教育だけの話ではなく、法律が正しく纏まって無いから起こっている事情である


しかし正直裁決を一日視察したところでサッパリでしょう


ならば格好つけてないで、言葉を覚えて関係者誰でもいいから深くまで話すなり、海外のサイトの映像と公開されているアクシデントの説明を見て研究できるだろう


本当にそれだけで充分な時代になってきた

政策をわざわざ公開してくれる時代になってきた


その一方で生産者側は海外に出向き、学び、良い大学を出た一流エリートと呼ばれそうな人達がしっかりと基礎を作ろうとしている。

流石世界一の馬を生み出す日本の生産者と言えるでしょう。


家系を見ると一流大学や政治家は勿論、非の打ち所が無い血統の自分も、今まで気づかなかったけど親に沢山学ばせて貰えた甘えたおぼっちゃま。


もっと学んでいつか帰国しようと思います。


僕が日本に落ち着いて帰国するまでには地方競馬が段違いに良くなっている事を願う。


# by shogo2784_o08 | 2019-03-25 11:21 | Comments(0)

競馬の方は良化著しい。

競馬の方は良化著しい。
自分の競馬について久しく触れる。
d0387296_10042784.jpg
先週2月16日の勝利

重賞が週に一度ある日本と違い、マカオ競馬での重賞は3ヶ月に一度程度。
今回勝利したレースは少ない重賞の代わりにある3つ立てのボール、プレート、カップレース。
週に6レースの勝ちを取り合うのだから一勝の感じ方も一勝の喜びも日本とはまた違う。
d0387296_10203095.jpg
そして、騎乗についてだが、変化著しい。
マカオ移籍当初は全てシンガリ着順ばかりで、少し慣れてきた頃には後方から差し込み着入りするくらいしか出来なかった。
それに加えて追い込みの際にも尻をつきたくてついているわけじゃなかったがどうやってもついてしまい、不恰好に見えた。

この直近の勝利は80点の騎乗。
減点ポイントは4コーナーあたり疲労によって楽をしているのが見える場面と最後100メートルでの外斜行により内から差し込まれそうになる。
そんな自分にも先生がいて、こんな教え方をしてくれた人を見たのは初めてだった。
『絶対シークレット』『誰にも言ってはいけない』
そう言って教えてくれた。
3ヶ月修行や1年間後帰国予定、そんなぬるい状況では得られなかった技術だったと思う。
皆さんにはわかりやすい様に2週間前の映像も付け加えておきます。

2週間前のレース映像

直線馬が充分に進む様になったし、ケツをつく事も無くなった。
まず習う前のトントン状態では芝では勝ちつづける事は不可能でしょうし、混戦同じ脚色の時にも弱いでしょう。
後方から完全に違う勢いで来ないと勝つ事は不可能です。
もちろん『絶対シークレット』なので語る事は出来ないですが海外でも良い関係をつくる事が出来たからこそ習得出来た技です。
まだ学ぶ事も多いですし、後輩がいつか海外で活躍出来る力になれる様に今は心にしまっておこうとおもいます。

話が変わって成績なのですが、やっと底辺から脱出した程度の成績です。。
3開催続勝利もできましたが、以前が以前だけにやっと数字が伸びた程度です。
リーディング8位程度です。
不甲斐ない成績ですが巻き返しも充分に可能な状態にもなって来ました。
先々月オープン戦を勝たせてもらったバリバリオープン馬は鼻出血で一時休養となりましたが、ダービー候補は健在です。
日本馬も増えてきて良い流れです。
今後とも公私共に注目宜しくお願いします。

# by shogo2784_o08 | 2019-02-21 10:02 | Comments(0)

歴史的観点からの馬産を考える。


近頃英語の勉強だけでは、片寄った食生活と同じでストレスが溜まる。
という事で、歴史やそれに因んだ各国の過去の国策などをわずかながら目を通した。
そして、政治家という存在が海外の環境を感じずして良い国策が浮かばないであろう事も感じた。
そんな観点で日本の競馬を見たとき、日本馬が世界で戦えるとわかった今、何故大きく生産側から攻める事をしないのか。
同じアジアにありながら何故競走馬輸入国のマカオ香港に日本馬がほとんどいないのか?
生産を行っていない国ならば良質な種の海外への流出も心配はない。
リスクのないこの市場に攻めない理由はなんなのか?
もう日本馬が戦えるとわかって10年は経っている。
これは平和ボケの一種ではないかと思ったりこれが新時代の流れなのかと思った。
力を試しに行く者が明らかにしてくれた日本馬の力。
追い出された者、認められなかった者、逃げ出した者、どれにも当てはまりそうな自分ではあるが、これからは騎乗は勿論の事、日本馬の海外進出の援助にも力を入れていこうと思う。
アジア競馬への輸出は戦時の名残りからオセアニアが一人勝ちだが、もうそろそろ国益並みの日本競走馬市場の海外進出の時代が来ても良いだろう。

d0387296_10373650.jpg
最後に、やや古い書物にも残るマカオ競馬。

# by shogo2784_o08 | 2019-02-14 02:45 | Comments(0)